ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

 

ごあいさつ

宮城教育大学は、東日本大震災からの宮城県の教育復興及び発展を目指して、平成23年6月28日に「教育復興支援センター」を設置しました。被災した児童生徒の学力低下、心的ストレス等教育的問題や被災地の教育環境課題は短期間で解決されるものではなく、復旧復興の過程において個々の問題の内容が変化し続けながら生じるものです。このため、宮城教育大学教育復興支援センターでは、被災地域における教育問題の実態把握と分析、学校教育問題に関する研究等を実施し、宮城県教育委員会及び仙台市教育委員会との連携のもと、県内の国公私立大学及び国立教員養成系大学・学部と連携・協働しながら、被災地の学校のニーズに沿った教育的支援を提供してきました。

東日本大震災から5年を経た、平成28年4月1日、「教育復興支援センター」の名称を「附属防災教育未来づくり総合研究センター」と改称し、5年間積み上げてきた成果を基に、被災地への教育支援と共に宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、国公私立大学及び国立教員養成系大学・学部と連携・協働しながら、学生、教員、他大学生を対象とした被災地宮城県の発信する防災教育の在り方を研究します。

これらの教育的支援や研究活動は県内の教育現場に大きく貢献するものと確信しています。また、将来教員を志望する学生が、被災地域の教育的支援活動を通して「教育実践力」を磨くとともに、豊かな「人間力」を培うものとなると期待しています。被災地から学ぶ防災の知識は、学生が教員になった時に、児童・生徒の命を守る大きな力になるものと確信しています。

宮城教育大学 附属防災教育未来づくり総合研究センター長  市瀬 智紀

 

お気軽にお問い合わせください TEL 022-214-3296

イベント応募フォーム(学生用)
 
イベント応募フォーム(教職員用)
 
研修後アンケート記入フォーム
 
防災未来研Facebook
 
防災未来研Twitter
 
第3回国連防災世界会議宮教大
 
教育大学防災ネットワーク
 
学生がつくる教育復興支援のひろば
PAGETOP