学生有志によるキャンパスでの募金活動実施

  • HOME »
  • 学生有志によるキャンパスでの募金活動実施

2019年10月23日から25日にかけて、宮城教育大学の学生有志が、台風19号で被害を受けた学校や被災した子どもたちを支援しようと、青葉山キャンパスで募金活動を行いました。

募金を呼び掛けた阿部太一さん(理科コース・4年)と菅野朋菜さん(発達障害教育コース・1年)らは、台風19号によって、宮城県を含む広域において被害があったことを受け、「自分たちも何かできることはないか」「この募金が子どもたちの学びの環境の復興につながれば」という思いからこの活動を企画したとして、協力いただいた学内の方々に感謝を述べました。

集まった募金の総額や使途については、追ってホームページなどを通じて報告するということです。

 

  • facebook
  • twitter
PAGETOP