いのちを守る教員のための防災教育ポータル
防災教育の指導力向上の道しるべ

取組み

宮城教育大学

東北唯一の国立教員養成系単科大学。幼稚園〜高等学校、特別支援学校の教員免許を取得できる。震災以降、学校防災・防災教育にも力を入れている。

防災教育研修機構〈311いのちを守る教育研修機構〉

宮教大に2019年4月に設置。東日本大震災の教訓と経験の伝承や専門機関と連携して、「防災に強い教師の育成」を行い、「ともに生き抜く」社会創出に資する学校防災研修の全国拠点の形成を目指す。

教職大学院

学部を卒業してそのまま進学した院生と、専門性の向上を目的に派遣された現職の中堅学校教員等が共に学ぶ専門職学位課程。

国土交通省

我が国の国土の利用、開発、保全、そのためのインフラ整備、交通、気象業務の発展、海上保安を担う中央省庁であり、防災・減災政策の主軸を担う。

近年、学校教育へのアウトリーチにも積極的に取り組む。

東北地方整備局

東北6県を管轄し、約2,700人の事務・技術職員を擁する国交省の地方支分部局で、河川、ダムを含む社会インフラの整備、維持管理、災害対策を行っている。

2019年4月に防災室を新設し、防災・減災機能を強化しているほか、東日本大震災伝承施設の整備をはじめ、震災伝承ネットワーク協議会を発足させ、東日本大震災の記憶・教訓の次世代への伝承にも力を入れている。

▲PDFダウンロードはコチラ